【焼き絵とは】

焦がし絵とも言います。
英語ではポーカーワーク(Pokerwork)、バーニングアート(Burning Art)、ウッドバーニング(WoodBurning)、焼き画(Pyrography)とも言います。

作り方は、※焼き鏝(コテ)で、木の表面を焦がして絵を描くのですが、文章で説明をしても作品のイメージはなかなか伝わりにくいかもしれません。

※焼き鏝(コテ)
HAKKO マイペン 電熱ペンのことで、ハンダごてのように、電源を入れるとコテの先端に付いた金属が熱くなり、木を焦がす程度の発熱があります。絵を描くときは、流す電流の強弱で、発熱の温度をコントロールします。(以下、電熱ペンと呼びます)
自分が使用している電熱ペンは、ハンダごてで有名な、白光というメーカーの「マイペン」です。

電熱ペンなので、焼き絵は電熱ペンを使って木材に焦げめをつけることで、絵や文字を書く技法です。
素地の木材から引き出された焦げ目は、繊細な図柄の表現によく調和します。

【材料・用具、作り方】

電熱ペンの他に、
一般的には原画、トレーシングペーパー、エンピツ、消しゴムなどです。

自分の場合、原画とカーボン紙、紙ヤスリです。

(1) 練習のために写真や雑誌などを使う場合もありますが、頭の中のイメージを紙に描き落とします。

(2) キャンバスとなる木の表面を、描きやすくするため細かい紙ヤスリで擦ります。

(3) 原画をコピーして、カーボン紙を敷いて、原画の上からなぞってカーボンで下絵を描いておきます。

(4) あとは原画を見ながら、電熱ペンで根気よく焦がしていきます。
焼き絵プロセス1 焼き絵プロセス2 焼き絵プロセス3

【焼き絵職人Rockyの世界〜こだわり〜】

廃材の蘇生。

私は、廃材になった木の板を拾ってきては、そこに絵を描き、蘇生させています。

着色ではなく、焼くことで木が本来持っている『色の可能性を引き出す』。
自分の絵を観ていただくことが縁となって、『人の心から感動を引き出したい』と思っています。

電熱ペンを購入してからというもの、すっかり焼き絵の虜になった私は、夜な夜な作品を作り続けました。作品を10枚ほど描きためたある日、クリスマス記念のアートパーティー開催の情報に目にとまりました。
アートパーティー
出展者の募集があったので、自分の「絵」力を把握したくて応募してみることにしました。

生まれて初めての『焼き絵』の発表は、初めて路上でやったギターの弾き語りくらい緊張しましたが、予想以上に好評をいただき、約100名の参加者の方々が興味を持って『焼き絵』を観てくれました。

そこで私は確かな手応えを感じ、ますます『焼き絵』の魅力に取り付かれました。

第1回個展 多くの方に感動をお届けしたく、2011年の2月、第1回目の『焼き絵 個展』の開催を皮切りに、個展活動を続けております。

 

【facebookをちぇっく】


癒し絵ギャラリーメニュー

 

Special Link

本杢堂ロゴ
いつも木材を購入しているところでもあり、私が店主をしているお店でもあります☆

JIA(日本イラストレーター協会)ロゴ
焼き絵職人RockyはJIAの会員です。

参加ランキング

人気WEBランキングバナー

随時、作品を追加していきますので、是非→ココ←を押して「お気に入りに追加」 しておいてください。

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 
Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 

スタッフブログ

RSS表示パーツ